佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「家の寿命って30年なの? 第六の鉄則<本当に良い住まいとは>」 広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から

家づくりコラム

「家の寿命って30年なの? 第六の鉄則<本当に良い住まいとは>」
広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から
投稿日:2022年07月19日



平成28年の住宅調査によりますと、日本の住宅の平均寿命は30年です。

日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳というのに、
又この平均寿命というのは、赤ちゃんからお年寄りまで死んだ人の平均ですから、
今60歳の人は、ゆうにあと30年、90歳までは生きられるそうです。

そうなると、50代で家を建てた人は一生のうち二度家を建てるようになります。

60年70年は、もってもらわなければ困るのです。それでは、平均寿命30年の家は壊れたのでしょうか?


確かに昭和40年代にでまわったプレハブ、在来工法とはいえない木骨住宅、
確かに劣悪なお粗末な住まいが多かったのは確かですが、
それとて、30年や40年しかもたないということはないのです。


それでは何故平均寿命が30年なのかといえば

最初の家づくりが間違っていて、
とても増改築では間に合わない、
根本的に間取りが悪くて、
いっそ建替えた方が良いということになり、

住む人の意志で、壊されていくのです。


「家は3回建てないと満足できる家は建てられない」という言葉もありますが、そんな事はありません。


住まいの持つ家族への影響力と、住まいの基本的な理念を勉強して、
みなさん一人一人の生活スタイルに合わせて、
30年くらいのスタンスで住まいづくりを考え、
その土地の特性を生かしたベストな間取りを第一に考えて、
風の流れ、太陽の光などを取り入れるための窓も、取り付ける高さや大きさをよく研究して取り付ける。


なるべく人工的な空調、機械換気設備を使用しない、自然の光や、風の流れを利用する。
無垢の木を使い、草と木と土、健康に害のない住まいづくりをしてやれば、
本当の意味の良い住まいが出来るのです。

家づくり7つの鉄則をまとめて読みたい方は、下記からお申し込み下さい。

 小冊子 家づくり7つの鉄則の申し込みはこちら


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ