佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 窓づくりで後悔の声が多い3つのこと 広島の工務店 家づくりワンポイント

家づくりコラム

窓づくりで後悔の声が多い3つのこと 広島の工務店 家づくりワンポイント
投稿日:2022年06月4日


■どんな後悔が多い?

窓づくりの後悔で多いのが、

・風通しが悪い

・隣家や道路からの視線が気になる

・部屋が暗い

の3つです。

それを防ぐには、どうすれば良いのでしょう。


■風通し

その地域の風向きに合わせて「入口」と「出口」を設けると、風通しの効率は良くなります。

しかし、部屋によっては、壁の1面にしか窓を設置できない場合もありますよね。

そんな時でも、上と下に窓を設ければ空気を動かせます。

天窓を設けるのもいいですね。

もし1つしか設置できない時は、隣の部屋も含めて風の通り道をつくりましょう。


■視線

窓の配置を考える時、隣家の窓に重なる場所は避けた方が賢明です。

とはいえ、間取りや家具を置く場所によっては、どうしても避けられないこともあるでしょう。

そんな時は、

・視線が合わない高さに横長窓を設ける

・ルーバー雨戸を設置する(断熱効果もアリ!)

・引き違い窓ではなく、内倒し窓などの視線が届きにくい窓にする

などの方法を検討しましょう。

トイレや浴室など、カーテンで目隠ししない窓の位置や種類は、特に慎重に検討しましょう。


■採光

季節によって日差しは異なるので、まずは、その部屋でどのように過ごしたいか確認しましょう。

例えば、早起きしないための寝室づくりなら、東側の窓は避けるか小さめにすれば、夏の日の出対策ができます。


自然光で明るい部屋づくりをするなら、

・光を遮る壁を減らし、広々とした空間にする

・チェッカーガラスなど、採光を妨げない間仕切りにする

・光ダクトを設置して、窓から離れた場所にも自然光を届ける

などの方法があります。

家づくりの情報をお届けするメルマガ夢職人は下記をクリックすると登録できます。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ