佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「家づくりの予算の優先順位1位は、基礎! 第三の鉄則<正しい予算配分>」 広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から

家づくりコラム

「家づくりの予算の優先順位1位は、基礎! 第三の鉄則<正しい予算配分>」
広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から
投稿日:2022年06月28日


【正しい予算配分のポイント】

優先順位

 ① 基礎
 ② 構造躯体(柱・梁・屋根・床組み)
 ③ 床材
 ④ 外壁
 ⑤ 内部仕上げ
 ⑥ 住宅設備(システムキッチン等)


 一番目の基礎についてですが、地盤調査をして、地耐力(地盤の強さ)が、十分ある時は、
ベタ基礎にしなくても良いのです。

現在、何が何でもベタ基礎という風潮がありますが、「過ぎたるは及ばざるが如し」のことわざもあります。

日本の夏は高温多湿で、冬は低温低湿と、夏と冬とで、気候条件が厳しい中で、
調湿作用のある本物の木材が一番住宅を造るのに優れた材料であるのは、
間違いないのですが、適材適所という言葉があるように、
木の材種と、使う場所を間違わないのが、家の耐久力に大きく影響を与えてきます。

家づくり7つの鉄則をまとめて読みたい方は、下記からお申し込み下さい。

 小冊子 家づくり7つの鉄則の申し込みはこちら


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ