佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「住宅の平均寿命 第三の鉄則<正しい予算配分>」 広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から

家づくりコラム

「住宅の平均寿命 第三の鉄則<正しい予算配分>」
広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から
投稿日:2022年06月24日



ある住宅新聞によれば、
日本の住宅の平均寿命は、30年、アメリカは、45年、イギリスは、75年だそうです。
日本は、今や世界一の長寿国ですが、住宅の平均寿命は何と最低だったのです。


欧米に住んだことのある人はご存知でしょうが、
アメリカでは、80年、90年の住宅は当たり前で、
また、中古住宅の買い替えは、ごく普通の事で、70年80年経っても、
手入れのよくされている住宅の資産価値は、十分認められているのです。


イギリスでも、石積みという工法のせいもありますが、100年以上の住宅もゴロゴロしています。


一方、日本の住宅は、築20年も経つと帳簿上の建物の資産価値は殆どなくなり、
価値があるのは、土地代だけということになります。
その土地の価格も年々下がっているのですから・・・。

それでは日本の住宅の技術が劣っているのかというと、そんなことはありません。


法隆寺、薬師寺東塔などは1,300年以上ももっているし、
広島でも、昔の武家屋敷、古い民家など100年以上の住宅はいくらでもあります。

戦後の住宅不足の時代に、とにもかくにも、大量の住宅供給が必要とされ、粗悪で劣悪で小さい家の大量生産、
また、在来工法でも、伝統工法を無視しての、新建材だらけのペラペラの木骨住宅の生産により、
日本の住宅寿命を早めてきたのです。


もっとも、かといって30年や40年で実際に耐用年数がなくなるなんてことはないのですが。


少なくとも70年80年経っても、ビクともしない家づくりをするには、
何にお金をかければ良いのでしょうか・・・。


それは、住宅の主要構造部に出来るだけ予算配分をすれば良いのです。



家づくり7つの鉄則をまとめて読みたい方は、下記から資料請求を選択してお申し込み下さい。

資料請求・お問合せ


				


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ