佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「坪単価で判断できる? 第一の鉄則<住宅価格のカラクリ>」 広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から

家づくりコラム

「坪単価で判断できる? 第一の鉄則<住宅価格のカラクリ>」
広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から
投稿日:2022年06月7日


ポイント1

家の価格は坪単価で判断できる?


ユーザーの方は通常住宅の価格を「坪単価」で判断します。

住宅メーカーの営業マンにモデルハウス等で「この家坪当たりおいくらですか」と良く聞かれます。

これで高い安いを判断するのはそもそも間違いです。


坪単価と一口に言っても、何がどこまで含まれた坪単価なのかが、

確認しないと後で話が違うということになるのです。

 

ポイント2

床面積と施工床面積


一般的に、坪単価とは本体価格を床面積で割ったものですが、
住宅メーカーは、よく

1坪の玄関ポーチ、
3坪の玄関ホール吹抜け、
3坪のバルコニー、
3坪の小屋裏部屋

があったとすれば、これを床面積に入れて、施工床面積で割り算したもので坪単価を言ったりします。
30坪の床面積の家が40坪になったりするわけで、本体価格が1800万円とした場合、
坪単価は、実に15万円も安くなるわけです。

坪単価は、実はこのような数字のマジックになることもあります。



家づくり7つの鉄則をまとめて読みたい方は、下記から資料請求を選択してお申し込み下さい。

資料請求・お問合せ


				


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ