佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「坪単価」のここに注意!

家づくりコラム

「坪単価」のここに注意!
投稿日:2022年03月20日

坪あたりの建築費

建物の価格は構造や広さ、間取り、グレードなどによって大きく変わります。また、同じ仕様の建物でも、建てる場所や建てる時期などによって、価格は変わるものです。

 坪単価とは、1坪(3.3㎡)あたりの建築費のことで、工事費を床面積で割った値です。「坪50万円」などと示し、仕様や性能の違いを価格で比べられるのがメリットですが、同じ仕様でも坪単価が異なる場合があります。

坪単価の注意点

①何が含まれているか

本体工事費の項目は統一されていません。エアコンや照明のグレード、床暖房、造付数などを含むのか含まないのかで坪単価は変わります。

②床面積が同じではない

坪単価を計算する際に用いる床面積の算出方法に定義はありません。たとえば、ロフトやベランダなどは、屋根や床や壁があっても法的には床面積には入れません。しかし、工事には他の部分同様に手間がかかります。法的にカウントされていない(建築確認申請などでは明記されない)施工床面積を坪単価の計算上に加えれば、数字は安く見えます。

③坪単価を左右するもの

施工者、本体工事費、仕様が同じでも、坪単価に差がつくことがあります。ポイントは次の3つです。

床面積の大小 浴室やキッチンの数やグレードは小さい家だから安くなるわけではありません。床面積とは関係なく坪単価は、小さい家ほど高くなる傾向にあります。

階の面積配分 同じ床面積でも、1階と2階の面積配分により坪単価が異なります。1階が大きく2階が小さい建物は、1階と2階が同面積の建物と比べると、コストのかかる屋根や基礎の面積が大きくなり、1階が大きい家ほど高くなります。

建物の形 出っ張りなどがある場合、真四角の建物と比べると外壁や屋根の面積が増えて、坪単価が高くなります

本体価格から引き渡し価格は20%から30%増しになる事が通常です。

家づくりの基本125参照



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ