佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > スタッフブログ > 家づくり気をつけよう!小さい窓と北向きの部屋で起こった怖いこと  

スタッフブログ

家づくり気をつけよう!小さい窓と北向きの部屋で起こった怖いこと  
投稿日:2021年09月30日
こんにちは 顧客サポートチームの森本です。

気がつけばこの10年間で5回ぐらい家を変わりました。


その中で一番困った家が北向きの集合住宅の1階でした。

北向きはどうかなと悩みましたが、確かに薄暗いのはありましたが

暑い夏には涼しく、以外に快適なのではと思っていました。

しかし、これは冬が寒いだろうなと少し恐怖でした


が、冬の前に恐怖が訪れました。

一番奥の部屋は回転式の30度ぐらいしか開かない小さい窓が4つしかついておらず

光が入らないので寝室にしていました。

小さな部屋で、ベッドを窓ぎりぎりまで置いていました。

が、夏の終わりにベッドと窓の間を見ると、なんとベッドの窓側にカビがびっしり。



窓もほとんど開かず、風通しも悪い上に北向きで光りも当たらず、

ジメジメと梅雨から夏の間にカビを生息させてしまいました。

こんな環境で睡眠をとっていたのかと思うと怖かったです。

エタノールやらアルコールやらを駆使してカビは落としました。


聞くと、あたりの団地の一階もカビが凄いらしく、

そちらは押し入れの中などが全滅になるとかでした。

うちはベッドの一部のみだったので幸いでした。


パッと見、木々に囲まれた環境の良いところでしたが、

湿気がこもる土地柄だったのでしょうか。


その後も、寝室は雨の日など湿気の多い日は常にエアコンの除湿をしたりして

どうにか2年間を乗り切りました。


やっぱり湿気は大敵です。

窓の大きさや向きなど、家にはとても大事ですね。






「広島で自然素材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せ下さい」

家づくりの基本がわかる【住まい塾】の詳細はこちらです。

令和3年 10月3日(日)に開催予定です。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ