佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 社長ブログ > 「日大闘争」青春時代 広島工務店社長の独り言

社長ブログ

「日大闘争」青春時代 広島工務店社長の独り言
投稿日:2020年08月13日

秋田明大

この名前を知っている方がこのブログを、読んでいる人のなかに
何人居るだろうか?

日大全共闘議長から全学共闘会議議長になった60年代の新左翼活動家です。
私が日大に入学したのが1968年・・・・
日大の古田会頭の使途不明金20数億が明るみに成り
それを糾弾しようと立ち上がったのが、この秋田明大先輩です。



日大なのに名前が秋田明大とは是如何に・・・なんて言うと寒いですか?
われらが習志野キャンパスにも、この英雄が来てアジ演説しました。
はっきり言って下手でしたが、純朴さが漂い説得力ありましたよ。
日大の学生運動は他の大学と違い、政治色は有りませんでした。
唯不正を働いた古田会頭を糾弾して退陣させようとしただけでした。


結局大学側が導入した機動隊に拠点を奪われ、
秋田明大も逮捕されました。
そういえば、獄中から手記も執筆されてました。
お前はどうしていたかって?

一度だけ仲間と東京の神田通りかどこかで(記憶が曖昧です)
フランスデモに参加して、機動隊に本気で追いかけられて死ぬ思いで
逃げ廻って以来、二度とデモの類には参加しませんでした。



幻の陶磁器コレクション - M.シュナウザー・チェルト君のパパ、「て ...
大学1年の時女目当てでフォークソングクラブに入ったくらいですから
仲間の似非左翼からはこの日和見主義者と蔑められました。
秋田先輩は高校も同じ、生まれも隣の島の倉橋島出身と、
偶然ですが似通った境遇でした。
だから余計に親しみ湧きました

何年か前に、月刊誌に「全共闘の英雄の今は」
とか言う特集に、秋田明大の記事が載りました。
今は故郷の音戸で家業の自動車修理工場を、経営されてるとか・・・
明日能美島に墓参りに帰るのに音戸大橋渡るから、
工場を探してみようかな?
と思いましたがやめときましょう。


私の青春時代も結構いろんな事有りました。
もうあれから50年も経ちます。
時の経つのは、本当に早いものですね。

「広島で自然材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せください。」
「次回の住まい塾は9月6日に開催致します。」







ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ