佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ(過去ブログ)

社長ブログ

親孝行の鏡
投稿日:2015年06月11日

 2007年10月24日   佐々木徹ブログより


親孝行
「親孝行したい時に親はなし」という諺があります。
私は10ヶ月の間に父親、母親と続けて亡くし
まさに身にしみて思いました。
最近は「親孝行したくないのに親はいる」と
戯言みたいな不遜な諺?があるようですが?
しかし私の従兄弟に親孝行の鏡みたいなひとがいます。
年はもう63歳くらいだと思います。
柔道を広陵高校でしていて大学は拓殖大学に行きました。
東京で土木の会社を興して成功して神戸にマンションを
所有しているようです。
その従兄弟はお母さんに何十年も五万円づつ仕送りをしています。
経済力があるといえばそれまでですが・・・・・
商売は良い時も悪い時もあるので何十年も継続するのは
並たいていでは有りません。
それと驚くなかれ毎晩7時に東京から能美島のお母さんの所に
電話をするそうです。
一日も欠かさず まさに親孝行の鏡だと皆さん思いませんか?
いやはや脱帽です

ページ先頭へ
豪農の館
投稿日:2015年06月10日

2007年09月29日  佐々木徹ブログより


豪農の館
27日28日と全法連(全国法人会総連合)の全国大会に
仲間三人で新潟まで行ってきました。
大阪まで新幹線大阪から飛行機で飛びました。 一日目は基調講演と式典全国から1900余名の会員が集まりました。
朱鷺コンベンションホールと言うところで有ったのですが
大きくて立派な施設にビックリしました。
最近政令都市になったようで新潟は立派な?都会ででした。
二日目はエクスカージョン要するに観光しました。
そこでタイトルの「豪農の館」に行きました。
今まで昔の旧家、民家も全国色々見ましたが桁外れの規模に
あきれ果て思わず笑ってしまいました。
何せ敷地が8800坪、建坪が1200坪、部屋の数が65余り、全部の雨戸を
朝開けるのに一時間掛かるそうです。 建物は明治時代に建てられたもので当時は使用人が50人余
竈で一表(60キロ)の米を毎朝炊いたそうです。
庭も半端ではない広さとてつもない大きい池に大きな鯉
回遊式庭園だと言う鎌倉、室町の古式庭園だそうです。
京都銀閣寺ゆかりの庭師田中泰阿弥氏が5年掛かりで造られたそうです。
雄大な日本庭園を眺めるのに座敷を囲む廊下には柱が一本もない
釣欄間工法でした。
廊下に使っている丸桁はなんと28メートルもある
杉の磨き丸太の一本物だそうです。
畳の枚数は100枚にもなるそうです。
まさに日本建築の粋を凝らした建物で感動しました。
日本の大工さんの匠の技に万歳です。

ページ先頭へ
夏向きの家を建てよう
投稿日:2015年06月9日

2007年09月30日    ブログより


夏向きの家を建てよう
昔は欧米の人から日本の住まいはウサギ小屋みたいだと
揶揄され大きく傷つきました。 しかし今や日本の住宅も年々大きくなっていきました。 去年の統計で140㎡位アメリカはともかく欧州は持ち家比率は
少なくアパートメント暮らしの方が多い様です。
昔の日本の家屋は家具と名のつくものは少なく
庶民は多くは借家住まいで持ち家はごく限られたお金持ち。
手軽に引越しが出来るように家財道具も箪笥が数点・・・
和室の造りそのものが多目的に使えるように工夫されていました。
畳はちゃぶ台を出せば食事が出来る。
ちゃぶ台をたたんで部屋の隅に立てかけて、布団を引けば寝室になる。
障子、襖の類は開ければ大広間閉めれば小部屋に仕切りある程度の
プライバシーが保てます。
実に上手く考えられてます。
徒然草で吉田兼好が「日本の住まいは夏を旨とすべし」と書きました。
蒸し暑くしのぎにくい夏を過ごすには風の通り抜けを簡単に
可能にする引き戸の工夫は不可欠のものだったのでしょう。
外部の環境と遮断する造り方の西洋の住宅に較べて
日本の住宅は外部の環境に溶け込むように、上手く自然を取り入れるように
造られて来たといえます。 地球の温暖化により夏の暑さが年々酷くなる今日
最近の高気密高断熱の住宅は甚だ疑問と言えるのでは
ないでしょうか?


ページ先頭へ
柴犬リキ君のイボ
投稿日:2015年06月8日

リキ君のいぼリキ君のいぼ2


柴犬リキ君

リキ君の左足に出来た出来たイボ?です。
検査の結果悪性ではないと言う事で安心はしましたが・・・
本人は気になりどうしても舐めます。

切除手術するには全身麻酔しなければならない
言われました。
リキ君は今年の10月15日で15歳です。
全身麻酔は怖いのでそのままにしています。

ページ先頭へ
高屋町の家
投稿日:2015年06月7日

外部モルタル下塗り高屋の家 木工事ボード張り

今年の2月から東広島市の高屋町で
S様邸の新築工事をさせて頂いております。
上棟式&餅まきが3月28日に行われました。

現在大工さんがもくもくと木工事を行っています。
1間の本格的な床の間もあります。
広縁もあります。

外部はラス板ワイドラスも張り、現在左官さんが
外壁のモルタルの下塗りをしています。
グラスファイバーをいれながら作業しています。

ノンクラック工法と言ってモルタルの宿命であるクラックが
出にくい工法です。

いまや建売を初め注文住宅でも殆どが乾式工法のサイデイングを張っております。
弊社は和風住宅が多いのでサイデイングは採用してません。

ページ先頭へ
法律が改正?
投稿日:2015年06月7日

2007年08月16日 ブログより


盆には先祖の魂が帰って来ると言います。
昨日テレビで若いタレントが、霊を感じる能力が強くて
死んだおじいさんの姿が見れると言ってました。
私の父は平成16年10月9日に91歳で、永眠しました。
現役バリバリの頃は、結構アクが強かったように、
思いましたが、引退してからは好好爺となり
何をしてあげても「ありがとう、ありがとう」と
感謝の言葉を言ってました。 晩年能美島に、終の棲家を建て、広島と能美を気ままに
行ったり来たりしていましたが、いつもフェリー代が勿体無くて
音戸大橋を渡り、それも呉の有料道も使わず、一般道を通っていました。
能美島からの帰り居眠り運転をしていて、反対車線にはみ出て
交通事故を起こしました。
前々からもう高齢だから、親戚からも危ないから運転させないほうが
良いといわれていたのですが・・・ 非常に元気で行動的な、親父から車を取り上げるのは
不憫でそのままにしていたのですが・・・・・
これはもう限界だ思い鍵を隠しました。
免許書の書き換えが来たのですが、それも本人には伝えませんでした。
ある日父が「徹やっぱり車がないと不便だから、軽でも買おうと思うんじゃが・・」と切り出しました。
私は「もう車には乗れんよもう免許書期限切れで無いよ」
と言いますと「ほうか~」とさえなさそうに答えました。
それからしばらくして親父が「徹何でも最近法律が改正に
なって年寄りは免許が無くても車に乗れるようになったらしいで~」
と言います。
私が「そんな馬鹿な事あるわけ無いじゃないどこでそんな話し
聞いたん」と言いますと
「テレビでも言ってたし、新聞にも載っていた。お前知らんのんか」と譲りません。
行動派の親父は、車に乗りたくて乗りたくてたまらなかったんでしょう。
晩年よく親父を能美島から広島に車で、連れて帰ったりしていたから
このたび能美の行き帰りに、そんなことも思い出しました。

ページ先頭へ
船越の家
投稿日:2015年06月6日

150606_111626 150606_101617 150606_095322

ページ先頭へ
アントニーガウデイ-
投稿日:2015年06月6日

アントニーガウディー

スペインの世界的な建築家のこの名前を知っている人も多いでしょう。
私がこの名前を初めて知ったのは私が大学2年生の時です。
私の姉は東京の国立音楽大学に通っていて、国立に下宿していました。
私ははるばる千葉の片田舎から、食事を目当てに時々泊まりに
行ってました。 その時付き合っていた姉の彼氏が武蔵野美大の建築デザイン科の学生でした。
かなり気障な男で「君は建築家ではだれが好きなの?」と聞くのです。
私は別に建築家に成ろうなんて思い建築の大学に行ってるわけではないので
言葉に詰まりました。
すると彼曰く「目標にする建築家は決めておいた方が良いよ」と言いました。
「僕はガウディーの様な世界的な建築家になるんだ。将来の僕を見ていてくれ」と
言ってました。 私もその言葉を覚えているから、建築雑誌で彼の名前を時々捜すのですが
見当たりません。 二十年位前に「アントニ-.ガウディー」と言う
ドキュメントタッチの映画が広島で上映されました。
ガウディーか私は彼の事も思い出して早速見に行きました。
ガウディーの学生の時の卒業設計の図面がスクリーン一杯に
映し出されましたが、ぶったまげました。 確か19歳位の時書いたという図面でしたが、天才は居るんもんだ
と実感しました。 有名なサグラダファミリアと言う教会はまだ建築中でまだ数百年も掛かると
言われてるようです。
教会の内部に飾るレリーフやら彫刻物もガウディーがデッサンしたものが
映画で紹介されましたが、まさに画家です。
一度スペインに行ってガウディーの建物を見たいと思ってます。

ページ先頭へ
スミレちゃん
投稿日:2015年06月5日

150604_182021 150604_181550
昨日夕方スミレちゃんをまた動物病院に連れて行きました。
前回頂いた水に溶いてスポイトで飲ます薬を飲まないからです。

今回は血液を採取しました。
注射をさされて血液抜かれましたが暴れもせずなき声も立てませんでした。
やんちゃな子だと思ってましたが我慢つよい子でした。…
先生にも褒められてました。

血液検査の結果は白血球が多いくらいで後は異常はありませんでした。
猫エイズと猫の感染症の検査もして貰いましたが陰性でした。
元野良猫の場合3割くらいの確率でどちらかにかかっているそうです。

乳腺の周りに卵の半分くらいの塊があるのですが
もう15~6歳なので手術は出来ない様です。

スミレちゃんおしっこが出るよ様になり元気です。
今日も注射しにつれて行きます。

ページ先頭へ
祥月命日
投稿日:2015年06月3日

150603_042809

母親の祥月命日
今日は母親の祥月命日です。
昨夜女房に言われて思い出しました。

丁度10年が経ちます。

親不孝な息子です。

女房がお花や果物やらを備えてくれていました。
我が儘な母親でしたが・・・・
子供の頃は大のお母ちゃん子でした。
結婚して4年目に神戸から広島に帰り同居しました。

女房も大変だったとおもいますが
感謝です。

勿論私を生んでくれた母親にも感謝です。

 

ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ