佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ(過去ブログ)

社長ブログ

4年前のライブドアーブログです。
投稿日:2016年06月6日

2012年06月06日

憎めない女房

ここ数日間女房は南法人会の女性部の総会で来季の事業報告をしなければいけないと

事業報告書を暇さえあれば大きな声で何度も繰り返し読み上げていました。

「暗記するんじゃあないからそんなに練習せんでもええじゃあろうがあ~」と私が言いますと

「私はお父さんと違って人前で話するの大の苦手じゃあけん練習しとかんと」って言います。

そういえば前回の女性部の10周年の記念行事の時は、最後の締めのあいさつを頼まれたのに

司会者の最後のシナリオを丸暗記して司会者を慌てさせた女房です・・・

締めのあいさつが書かれていると早とちりして司会者のシナリオを言ってしまったのです・・・

何をしでかすかわかりません。

事業報告を「お父さんこれ横に読んでいけばええんよねえ~」と私に聞きます。

私は前回の事があるので書類に目を通しました。

「おまえ、当り前じゃろうがあ~これたてに読んだら数字がなんの数字か聞いとる人にわかるまいが・・・」

呆れ果てた事を平気で言う天ボケ女房です。

今日は私は定休日を取りました。

「お父さんそれじゃあ行ってくるけん」と言う女房に

「お前文章を読み上げるんじゃけん、落ち着いて読んだらええんよ~間違えたら落ち着いて読み直せばええんじゃけん」と言って送り出してやりました。

大過なく無事報告が出来ることを心で祈りながら・・・


フェイスブックのファンページが見れます。

下記をクリックしてください。

http://www.facebook.com/sasakijun1937?sk=app_109770245765922


弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku



ページ先頭へ
5番目の孫いずく
投稿日:2016年05月27日

いすく5月27日いずく5月27日ナンバー2いずくトラックと

次男の3番目の子供のいずくです。

去年の1月22日に生まれました。

5人目の孫が出来るとは思ってもいませんでした。

次男に「なんやお前失敗したんか?」

聞きますと「いいや~計画通りです」と涼しい顔・・・・

会社で大工の棟梁をしている子供だけあってか

トラックが大好きだそうです。

これで4代目も決まりました。

ニコニコ~

ページ先頭へ
木埋木
投稿日:2016年03月3日

屋久島本切株江戸時代の贈り物

屋久杉は現在伐採禁止になっています。
木目の美しい屋久杉の工芸品は生きている屋久杉を切って作って
いるのではありません。
江戸時代に伐採された屋久杉の切り株や丸太が腐ることなく
苔におおわれて、森の中に残されています。
土埋木と呼ばれる木材をトラックやヘリコプターで運び出して工芸品を作っているのです。
高価なはずですねえ!
ちなみにこの本は町立の屋久島自然館で買いました。
館内説明のお姉さんが好みのタイプだでした。
この本の宣伝もされたので・・・・
腎臓結石で前の晩はうなうなってましたが
懲りないじいさんです。
ニコニコ・・・

ページ先頭へ
屋久杉
投稿日:2016年03月1日

屋久杉年輪屋久杉立木屋久杉センター

皆さん屋久杉と言われるのは樹齢が1000年以上という
条件がいるそうです。
1000年未満のものは屋久島では小杉というそうです。
日本の一般的な杉の樹齢は長くても500年だそうです。
一般的な杉に比べて屋久杉の成長は10分の1くらいだそうです。
ゆっくり育つ屋久杉は樹脂と呼ばれる油がぎっしり詰まっていて腐りにくいのが特徴です。
腐りにくいので長生きして巨木になると考えらています。
屋久杉巨木の秘密は長生きする事にあるようです。

ページ先頭へ
散々な屋久島旅行
投稿日:2016年03月1日

屋久島旅行

2月26日から鹿児島屋久島へ木材市場の招待旅行で2泊3日で行って来ました。1泊目の鹿児島のホテルで夜中の12時頃からお腹が痛くなりました。
最初は食あたりかなと思いました。

段々痛みがひどくなりたまらずホテルの夜中の3時頃
フロントに電話して救急車を呼んでもらいました。

過去の経験から腎臓結石だと予測できました。
痛み止めの座薬がききしばらくして痛みはおさまりました。


看護婦さんから泌尿器科の先生が来られるまで待機して下さいと
いわれてました。
その間延々と点滴打たれました。
結局診療終わったのは10時過ぎになりました。

翌朝10時から鹿児島港から屋久島行の高速艇に乗る予定に間に合わず
ひとりだけ1便遅れの13時20分に乗りました。

ホテルにバスでひとりで1時間余りゆられて行きました。

メインの標高1200メートルの屋久杉の観光は出来ず

旅先で救急病院と散々な旅行となりました。

 

ページ先頭へ
鬼のお面を被ったいずく
投稿日:2016年02月10日

いずくと鬼の面 節分といずく

私の5番目の孫のいずくの節分の時の写真です。
女房の携帯に次男から送られて来たのを
見せて貰い私も送って貰いました。

多分私の最後の孫です。
みんなに私にそっくりだといわれています。

いつもニコニコ笑って愛想の大変良い子です。

 

ページ先頭へ
今は亡きオデブリンヤマト君を偲んで
投稿日:2016年02月2日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



ヤマト君

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕は今年で5歳体重は7.5キロの茶トラ猫です。(う~んダイエットしなくちゃ)
夢職人新聞にお兄ちゃんの柴犬リキ、
お姉ちゃんの藤猫スミレと登場しています。 僕の出生の秘密をそっと教えます。
僕は温品の旧家の納屋で生まれました。
そうです僕の母親は野良ちゃんでした。
家の人に内緒で納屋で生み育てられてるのが家の主人に
見つかり大変な事になりました。
僕の弟や妹は家のそばに流れている小川に投げ捨てられました。 僕はと言えば首根っこをつかまれ小川に浸けられ
もう少しで溺死するとこでした。
そこへ仕事で来ていた寛明さん(今佐々木順建設で大工さんしています)
が「旦那さん子猫を助けて上げて下さい僕が家で飼いますから」
と言って助けてくれたのです。
その時寛明さんはまだ他の工務店で大工さんの見習い中
五日市の借家に住んでいたので自分のところで飼うわけに行かず
僕は寛明さんのお父さんの家で飼われるようになりました。
優しいお父さんとお母さんは翌日水に浸けられて風邪を引き
肺炎になりかけていた僕をお医者さんの所に
連れて行ってくれました。 それからはや5年の月日が経ちました。
う~ん「光陰矢の如しか」
野良ちゃん出身?の割りに僕教養あるでしょう お父さんが本を読んでる時そばで甘えて
体摺り寄せながら覗き見して勉強しているんです(偉いでしょう)
続きは又後日書きます。
又読んでね

ページ先頭へ
代車がバッテリー切れ?
投稿日:2016年02月1日

レンタカー

昨日はOB様入居住宅の体験会がありました。
夕方6時頃に宇品mのデオデオに故障のパソコン修理に
持って行きました。
それから宇品のCOCO壱番天にカレーを食べに行き
帰りにスパークさんの宇品御幸の杜店に買い物寄りました。
買い物済ませて駐車場で車に乗ろうと電子錠で開けようと
しても反応しません。
仕方なく鍵で明けエンジンかえても始動してもぴくりとも
しません。
会社の車ならJAF呼ぶのですがこの前追突されて修理に出して
います。
スバルさんからの代車です。
オリックスレンタカーに電話しても留守番電話になっています。
要件いれてもなしのつぶて・・・
仕方なくスバルに電話しても業務終了のしらせ
エンジェルタクシーさんに来て貰いました。
運転手さん曰く「レンタカーがバッテリー切れするなんてふざけた話ですねえ~」呆れらていました。
緊急連絡先に電話しても留守電なんてふざけています。
散々な一日となりました。

ページ先頭へ
愛する妻と孫達
投稿日:2016年01月16日

愛する妻と孫たち

1月10日、11日と島根県の六日市に在住の長男一家が帰って来ました。
町営の介護施設に勤めているので正月休みがとれなかったのです。

次男一家もやって来て女房が孫と写真撮って貰い携帯の待ち受け画面にして貰った
写真です。

私も早速携帯の待ち受け画面にして貰いました。

ページ先頭へ
おばあさんのてはまほうのて
投稿日:2016年01月12日

1作文作文2

1月10日に正月に帰れなかった長男一家が帰って来ました。
島根県在住の小学校1年生の順脩がJA島根の作文のコンクールで
教育長賞を貰いました。

その時の作文をみんなのまえで読んでいます。
「おばあちゃんの手は魔法の手」というタイトルで山口県の美川町のお祖母さんが梅のシソずけをするところを書いたものです。

兄の小学校3年生の順悠も銅賞貰ったのですが・・・
校長室で賞状とトロフイーを一緒に貰らったそうです。

トロフイーが弟の順脩の方が大きいので家に帰り
とても機嫌が悪かったそうです。
ニコニコ~

ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ