佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ(過去ブログ) > 神戸に行きました。

社長ブログ

神戸に行きました。
投稿日:2012年01月16日

1月14日、15日と兵庫県に行って来ました。

14日は有馬温泉に泊まりました。

私は大学を卒業後中堅ゼネコンの大阪支店で現場監督を足かけ7年やっていました。

会社に入り2年後に女房と結婚しました。

段原中学校の3年の時に島根県からの転校生の女房と私が大学3年生の時の

クラス会が縁で付き合うようになってゴールインしました。

4年越しの長距離恋愛の後のゴールインでした。

新婚当初は大阪の河内長野の富田林の喜志に住んでました。

前の会社はPL教団の仕事を特命で貰ってました。

結局富田林には3年住みました。

現場が神戸の北区のひよどり台の住宅公団の公団アパートに代わりました。

最初の3か月くらいは阪神高速を使い1週間に3回くらい2時間余りかけて通いました。

現場所長が良い人でそれを見かねて支店にかけあって神戸への引っ越しの許可を取ってくれました。

神戸で住んだのがこの度訪れた北区の鈴蘭台でした。

私が居た当時は新興の住宅団地でした。

まだ家もまばらでした。

もう30数年まえの事です。

今回行って見たら住宅が余すところがないほどに建っていました。

私が住んでいたのは木造の2階建てのアパートでしたが・・・

当時は何故は高級文化住宅と関西では呼ばれていました。

その高級文化住宅は30数年振りに訪れた私を昔に変わらぬ姿で迎えてくれました。

メンテナンスが行き届いているのか外観はとても30年あまりも経っているようには思えませんでした。

それからひょどり台の団地に私が現場監督で携わった公団アパートを探しに行きました。

全部で8棟220戸の公団アパートを建築しました。

しかしひよどり台は大きく様変わりしていました。

当時何にも建物がなかったのに現在は大きな団地になっていました。

私がやったのは101号棟から108号の8棟です。

しかし二桁の号棟ばかりです。

いくら団地内を探してもしてもありません。

あきらめて団地を後にして神戸方面に行こうと団地に並行に走っていると

突然私の目に飛び込んで来ました。

101号棟、102号棟・・・・

ありましたありました・・・私の記憶に間違いはありませんでした・・・

30数年前の思い出が走馬灯のように私の頭の中をよぎりました。

女房もしみじみつぶやきました。

「お父さん今回来てみて良かったねえ~今度は子供一家も連れてゆっくりきたいねえ~」

再来を心に誓った今度の神戸への小旅行でした。



フェイスブックのファンページが見れます。

下記をクリックしてください。

http://www.facebook.com/sasakijun1937?sk=app_109770245765922


弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku







ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ