佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

社長ブログ

安芸矢野南の家
投稿日:2008年03月11日

今日は安芸矢野南の家の写真を
森本嬢が取りに行きます。
私も一緒に行きます。
昨日は現場に女房と行きました。
黒と白のモノトーン
内も外も柱の見える真壁、外壁は白い漆喰壁、
外部の木部は黒の自然塗料
内壁は腰壁には一部松の無垢板
後の殆どシラス壁の押さえ塗り、
浴室はハーフユニットで腰壁、天井は桧の
無垢板を張っています。
構造的には登り梁工法を採用、今回は切り妻方向を登り梁に
しました。
2階に非常に面白い空間の広がりが出来ました。
まさに日本人の知恵「日本の伝統工法の真壁の家」です。
私は個人的には和の家が好きです。
今回は玄関ポーチ、玄関のたたき、シューズインクローゼット共
豆砂利の洗い出しを採用しました。
タイルとまた違ったテイストでよい雰囲気に仕上がりました。
細かい所にも色々工夫がされています。
今までにない「和の家」となっております。
昨日多田嬢もプレ、グランドオープンの案内をしていましたが
是非ご来場ください。
ホームページでご案内しております。

ページ先頭へ
建築家の品格
投稿日:2008年03月10日

知人のビルの祝賀会で設計事務所、建築会社、設備会社、
三社とも呼ばれて感謝状を貰われました。
その時の設計事務所の所長のスピーチを聞いていてアレ?と思いました。
設計者と施主は共同して建物を生み出す、
いわば作品は子供の様なものだと言う様な趣旨の内容でした。
その中には実際に施工した建設会社や設備会社への
ねぎらいの言葉は一切ありませんでした。
あるのは施主との出会いや打ちあわせの過程、
H銀行が店子で入るので銀行へのおべんちゃら
昔私は世界を分野に活躍している安藤忠雄の講演を
聴いたことがあります。
その時安藤先生は「僕たち建築家は勘違いしている人が多い。
よくこの建築物は私が造りましたと話をします。
それは違います、建てたのは建築会社だ、
いや現場管理をしてくれた現場所長をはじめとした現場監督の皆さんです。
いやもっと正確な表現をすればその建築に携わった
一人ひとりの職人さんの努力の結晶だ。
我々建築家は図面で表現をするが、実際に施工する一人ひとりの
の職人さんの腕が伴わなくては決して良い作品など出来ない」と
私はその話に感動しました。
世界的な著名な建築家がなんと謙虚なんだろうと・・・・
独学で建築を学び世界的にも有名な建築家になられた安東忠雄さん
だからこその言葉なのでしょうが・・・・
現場へのねぎらいの言葉一つかけない建築事務所の所長の言葉に
がっかりしました
最も建築会社もその設計事務所を持ち上げる言葉が挨拶になかったから
お相子なんでしょうか?

ページ先頭へ
反面教師
投稿日:2008年03月9日

昨日ある会合で一緒になる知人の落成祝賀パーテイーに招かれ
出席しました。
そのテーブルには某会合のグループの人ばかりの席でした。
今日の祝いの席に、親父さんの変わりに息子さんが出席されてる人が
二人おられました。
親父さんには会合でもう何年も会うので当然よく性格も分かって
いるのですが・・・・
息子さんと話をするのは今回が二人とも初めてでした。
二人ともお父さんとまったく性格が違います。
ものの見事に二人ともお父さんとは違います。
反面教師とはよく言ったものです。
お二人のお父さんは非常に個性的で、どちらかと言えば
あくが強いのですが、息子さんは大変ソフトで社交的・・・
考えてみれば私自身が親父とは性格がまるで違うなと
思います。
そのお二人も商売ついでの二代目ですが・・・
親のやり方生き方を見ていて良いところは見習うが嫌な所は
反面教師で修正して行くというう事でしょうか?

ページ先頭へ
誤解は生じる?
投稿日:2008年03月8日

最近内閣の支持率が下がり続けています。
私も最初は福田さんには大変期待してました。
記者会見でも軽妙にウイットに富んだ受け答え
う~んさすが前の阿倍さんとは違うお坊ちゃま君は世間知らずだけど
福田さんは長い事民間企業に勤めているから、世間が分っている
彼の鷹揚さを余裕と大物だからと、勘違いしていました
最近分ってきたのは、彼は単に優柔不断なのではないかと思えてきました。
今度の毒餃子事件でも中国に舐められ過ぎている要因の一つに
福田首相の優柔不断な言動に有るのではと思います。
私も若い時女性に対して優柔不断な態度をよく取っていました。
それがどうも女性には優しさ、器の大きさと勘違いされた事が
時々ありました。
[佐々木さんは優しくて包容力があるなんて思われたらしくて
結構もてましたよ
そんな事自慢になるかや!サンタルチア
一国の首相と一緒に論ずるなと怒られそうですが
誤解は世間よく有る事ですから

ページ先頭へ
地震雷火事親父
投稿日:2008年03月7日

3月1日から3月7日は、春の火災予防運動週間となっています。
まだまだ寒い日が続いています、まだまだ暖房器具を使用することも
多く、今は空気が乾燥していますから、火災が発生しやすい季節です。
平成16年の消防法の改正により、新築住宅については全て、
既存住宅についても平成23年までに順次「住宅用火災報知器」の取り付け
が義務化されました。
これは、煙や熱で火災の発生をいち早くキャッチし、警報を鳴らして
逃げ遅れによる被害を最小限に抑える事が目的です。
警報機先進国アメリカでは、1970年代後半には火災で年間約6000人の
死者が発生していましたが、火災報知機の普及率が90パーセントを超えてから
被害者数が半減しています。
「地震、雷、火事、親父」最近では怖い親父は化石化しましたが
怖いものの一つ火事は個人の努力と注意で抑える事は可能です。
オール電化住宅にして家族に喫煙者がいなければ火事の確立は
非常に少ないのですが

ページ先頭へ
歓迎会
投稿日:2008年03月6日

昨日7時から的場に有る鉄板屋で新しくスタッフになった
工さんの歓迎会を行いました。
工と言う名前は非常に珍しいので聞いてみると
昔先祖が宮大工さんをしていたとか
黒瀬から通っているので車での通勤
同じグループの入澤さんから「工さんは酒が大好きみたいです。」
と私に御注進
私が「工さん一度帰って車を置いて来たら」と言うと
「いいえ今日は飲みませんから大丈夫です「と答えます
「帰って他の交通機関で来たら」と再度言うと
「黒瀬は車しかないのです」と答えます
う~んそれなら代行で帰らすしかないなと思い
「代行代出すから代行で買えりんさい」と言いました
鉄板屋ではいつもの飲み放題のコース
店員さんが飲み物を聞くと工さん遠慮してソフトドリンクを頼みます
それともう一人現場監督の北君もソフトドリンク
彼も酒大好き人間北君は八木からの車での通勤
二人して「ノンアルコールのビールありませんか?
「そんなものは置いてません」とあっさり却下
「北、お前も代行で帰れお金出すから」と仕方なく言いました
それから二人の酒豪は飲む事飲む事、専務、二人の息子、多田嬢、高知出身で底なしの入澤と、飲み放題で店を困らせる連中がそろい踏み
やはり飲み会は一人でも飲みたくても飲めない人がいると
盛り上がらないと思いました。
昨日は大盛り上がりで歓迎会が無事終了しました。
ただ私も酒は弱いのに調子に乗り飲みすぎてしまい
大変疲れました
私はお酒と女性は昔から苦手なのです
とはいつもの決まり文句なのですが
それに対していつも返される決まり文句があります。
「佐々木さん酒は分るけど後の一つは大嘘でしょう」と何故か
言われます。
これって平生往生と言うのでしょうか?

ページ先頭へ
今時の東大生
投稿日:2008年03月5日

某新聞の記事で知りましたが、最近の東大生の就職先が
昔と様変わりしているそうです。
昔の東大生は中央官庁所謂霞ヶ関を目指していた。
しかし最近の東大生の卒業生は外資系の投資会社や
コンサル会社への就職が劇的に増えたそうです。
昔は中央官庁から民間などに天下っていい目にあう?
と言うう事は望むべくもなくなりました。
それよりも外資系の投資会社で手っ取り早く稼いで
早めにリタイヤと言う人生を選んでいるとか
有る有名な投資会社の全従業員の平均年収額が7000万円とか
東大生も名誉や地位や国家を動かすと言うモチベーションより
金の方に魅力を感じると言う事でしょうか?

ページ先頭へ
親の愛
投稿日:2008年03月4日

私の親父は大正元年12月7日生まれでした。
享年満で91歳大往生でしたがスーパーマンの様に元気だったので
100歳までは充分生きるのではと確信してました。
だから高血圧のせいで腎臓が悪くなり腎不全となり
余命が幾らもないと先生から宣告されたときはショックでした。
一緒に住んでいながら何でもっと血圧の管理を
してあげられなかったんだろうと
90歳になってから急に元気がなくなり能美島にも帰らなくなりました。
あれほど頭が冴えていた親父もだんだんボケが始まりました
しかし経験された方は分かると思いますが・・・・
ボケてる時と頭が冴えてる時は全然違います。
冴えてる時はビックリするぐらい鋭い指摘をします
「う~ん今までボケてたふりをしていたのか?]と思うくらいに
まだボケていない時ですが長男が専門学校を途中でやめてアルバイトを
している時、親父が「おい順一郎はどうなんじゃあ」と聞いた事がありました。
私は息子がしっかりしない事に嫌気がさしていて
「あいつの事はもう知らん好きなようにすればいい」と答えると
親父は私にきっぱりと言いました。
「徹、親のお前がわが息子を見捨てた様な事を言ってはいかん
親はたとえ世間皆が見捨てても最後までかばってやらんと駄目だ。
親であるお前がそんな投げやりな事言ってどうする
」と諭されました。
私は自分の浅はかさと親父の子供に対する愛の深さに
思わず熱いものがこみ上げてきました。
「そうじゃね、親父の言う通りじゃ・・・親が子供を見捨てたような言い方しては
駄目じゃね」と答えました。
親父に較べて自分の愚かさを再確認しました。
今では一緒に会社で頑張っている長男その時の親父の言葉が無かったら
息子は会社に入って無かったでしょう。

ページ先頭へ
感動の模型
投稿日:2008年03月3日

今回初めて専門業者に今度伴に建つ家の模型を造って
貰いました。
それが土曜日に来ました。
まさに感動の出来です。
今まで設計の秋吉が造った事は有りますが・・・・
色づけまでしてあり正にに実物の縮尺・・・
屋根も外せるし2階部分も外せる・・・
中にはベット、応接セット、造りつけの収納だな、テレビetc全て
配置されています。
エクステリアも造ってもらいました。
立体的に見ると細部の検討も非常にし易い。
第一図面ではお客さんが理解しにくい所が大変わかりやすい。
今日10時から打ち合わせがありますがお客さんも
感動してくださるのではと楽しみです。

模型

ページ先頭へ
自分の余命
投稿日:2008年03月2日

今日個別の相談会に来られたご夫婦の方
ご主人さんも奥さんも60代の方です。
住まい塾のステップ2の時にライフスケッチと言うものを
お渡しします。
その中に我が家の暮らしとライフサイクルと言う表があります。
住まいの要望をお聞きする時に、5年後から30年までの長いサイクルで
考えないと無駄な部屋を希望したり、老後の生活も見据えて
プランをする意味でお客さんに記入していただくのですが・・・
5年後までしか御夫婦とも記入されていません。
奥さんいわく「先のこと余り考えると嫌になるから
余り考えない事にしているんですよ」と言われました。
私も今58歳確かに20年30年の先のことは余り
考えたくないですよね。
寿命を考えると暗くなります。
家造りの資料も年代によって考えてお渡ししないといけないなと
今日自分の思いやりと配慮の無さを痛感いたしました。

ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ