佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 5月 2019

社長ブログ

社長ブログ

「倉田百三の文学記念碑」広島 注文住宅
投稿日:2019年05月4日

倉田百三の文学記念碑

昨日定期検診がありました。
体重も2キロも増え、先生に酷く怒られました。
今朝は朝4時半からリキの散歩いつもより距離を伸ばしました。
時間にして三倍くらい
いつものコースから足をのばしました。

 

 

 

丹那町の住宅街を歩いていると立派な石碑が目にとまりました。
倉田百三の記念文学碑とあります。
広島の三次出身の倉田百三は21歳から40歳位まで肺結核を患いながらも
病床で執筆活動を続けて生命力みなぎる青春文学を世に送り出したようです。

 

 

 

 

その記念石碑によると、25歳の時に医者に療養を勧められて
当時漁村だったその石碑の隣に在った民家で療養しながら
代表作である「出家とその弟子」を執筆されたそうです。

 


発表とともに当時の青年達に熱狂的に支持され、
大ベストセラーになったそうです。
世界各国で翻訳さ、フランスの大文豪ロマン・ローランが絶賛したと
石碑に有りまし。

 

 

リキの散歩中に思わぬ発見がありました。
私はまだ「出家とその弟子」は読んで無いので読んでみようかな
と思いました。

2008年4月28日  ライブドアーブログより

 

 



ページ先頭へ
「ねことじいちゃん」広島 注文住宅
投稿日:2019年05月3日

駅前のエールエールに食事と岩合光昭さんのねことじいちゃんの写真展に家内と行きました。

毎回来ています。

駐車場でいくら待っても番号出ません?

家内は料金払ったのにおかしいいつもは番号出るのにと言います。

まさかとは思いましたが、「お前チケット駐車場の番号機に通したのだろうな?」

通してないから待てど暮らせど出るはずありません。

夫婦共に実際には、確実に後期高齢者に突入しています🤣



ページ先頭へ
「超人Y先生の思い出」 広島 注文住宅
投稿日:2019年05月2日

超人Y先生

尊敬すべきY先生は御年78歳老いてますますお元気です。
酒の席で「僕はまだ現役だよ朝立ちもする」
何たるチーア帰れソレントよ58歳の私でさえ何年も無いのに
住宅を設計されると必ず襖絵を書かれます。
私も今まで何点も見せて頂きましたが・・・
私はふすま紙に書いたものを後でふすまに張っているものと
ばかり思っていました。
愛媛の研修旅行でその秘密が明らかになりました。
何と出来上がりはめ込んでいるふすまを外して
上から描けるけるように簡易な足場を組んでもらい足場の上から
下絵なしにいきなり書かれるそうです
4枚の引き違いふすまに連作で風景画などを描かれています。
見事な色彩と素晴らしい構図まさに芸術品
一枚当たり2時間足らずで書き上げられるようです。
それも見た人によると右上から左下に描かれるそうです。
理由はそうすれば絵が汚れずに書けるから
まさに先生の頭は宇宙人?
今でも精力的に設計に本の執筆に八面六臂のご活躍
精力は男の仕事力と正比例するようです
生涯現役を通されたY先生は85歳で4年前にご逝去されました。
襖絵
木蝋館


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ