佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 8月 2018

社長ブログ

社長ブログ

「悪がき」  広島 注文住宅
投稿日:2018年08月28日
悪がき
私たちの子供の時もいじめも確かにありました。
しかし今日見られる様にクラスみんなで一人の子を
 よってたかってと言うことは有りませんでした。
クラスに誰か一人正義感の強いリーダーが居て、クラスの悪が
目に余るいじめ方をすると仲裁に入ってました。


 小学校5.6年生の時、学校一の悪のI君が悪い事に
同じクラスでした。
 手の付けられない悪がきで、先生も手を焼いてました。
 男の子だけでなく女の子もいじめてました。
 体育の時間にクラスで相撲がありました。


こいつ喧嘩は強いのに、相撲はたいしたこと有りませんでした。
 担任のH先生はわざと私とI君をとらせてました。
 二人が似通った体格で、二人とも大きく無かったです。
がっぷり四つに組むと先生が私に目配せして、I君に見えない位置から
身振り手振りで地面に叩きつけてやれと指示します。


 私も日ごろのみんなの鬱憤を晴らすかのように、地面にやぐら投げで
叩きつけてやりました。
 後でIが「佐々木お前相撲強いのお~しかし喧嘩はわしのほうが強いぞ~」
と負け惜しみを言います。


 又相撲の時間が来ると先生の指名が、私に掛かります。
そして又地面に思いっきり叩きつけてやります。
 自分の沽券にかかわると思ったのか、ある時は仮病を使って
相撲の時間休んでました。


社会人になり彼の噂を風の便りで聞きましたが、やはりその筋の人に
 なった様です。



ページ先頭へ
「結婚の条件」広島 注文住宅
投稿日:2018年08月27日

結婚の条件?

作家の城山三郎さんが、ある会合で含蓄のある話をされたと
致知と言う雑誌で知りました。
若い女性が結婚相手の条件として、
三高(高学歴、高収入、高身長)を挙げるの引き合いに、
指導者にも三高があると言う話をされたそうです。


三高の一つは高安定。経営のなかで業績の安定は必須だと。
二つ目は高感度であること。
目まぐるしい時代の変化に処するためには高感度でなければいけない。
そして三つ目は、高淡白。
私心がない、飾り気が無い事、名声や地位を欲しがらない。
物質欲が希薄な事、つまり卑ならずと言う事が、
指導者にとって特に重要な要件だと、言われたそうです。


どれもこれも私には備わってないので、
指導者の資格は無いと思いました。
巷、草創期には清貧を貫き立派な指導者であった人が
仕事が成功すると卑しさを露呈し、謙虚さを失ない
晩年を汚すケースは枚挙にいとまがありません。


親父がいつも私に言ってました。
「徹、商売は必ずいい時も有れば悪いと時も有るもんだから一喜一憂するな」と
順境にある時傲慢に陥らない事は、逆境にある時に清貧を
貫く事以上に難しいですね。


個人差があるにせよ物欲を、抑えるのも難しいもんですよね。
今日は柄にも似ず、えらい硬い真面目な話になりました。
毎日猛暑が続きます。
外で仕事をする人は、熱中症には充分気をつけましょう。





ページ先頭へ
「介護犬りき君」 広島 注文住宅
投稿日:2018年08月26日


柴犬リキ(57才の繰り言)
リキは今年の10月15日で7歳になります。
早朝の散歩の時わたしが目覚めが悪くて寝ていると
私の唇を舐めに来ます。


「こらおっさん早く起きろ」とでも思っているのでしょう
犬は自分のご主人様は一人決めていると聞いたことが有ります。
何故かリキは女房をご主人様と思っているようです。
何たる事かサンタルチア!



亭主関白で女房をいつも怒り飛ばして威張っている私をさておいて
その証拠に私が「リキ」と何回呼んでも知らん振り
私が女房に「お前が今度呼んでみい」と言い女房が「リキ」と呼ぶと
伏せをして寝ていても直ぐ女房の方を振り向きます。


私が今度こそと思い「リキ」と呼んでもまたまた知らん顔
私は「リキ毎朝散歩連れて行ってやってるのはわしでもう
連れて行かんで」と行っても無視


可愛い孫のココにも先日「ばあばあは好きだけどじいじいは嫌い」
と言われる体たらく
私は人格的に問題が有るのでしょうか
時々人生寂しくなります。

この年で今更「ぐれてやる」と駄々をこねる訳ににも行かず
耐えるしか無いのでしょうか
誰にも愛される事の無くなった?悲しい57歳の中年の
おじさんの繰言でした。
誰かこの私に愛の手を!

あれから11年経ちました。柴犬りき君も足腰もよわり、
夜泣きがひどくなり介護がいるようになりました。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ