佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「窓の取り方 」広島 注文住宅

社長ブログ

「窓の取り方 」広島 注文住宅
投稿日:2018年06月6日
今日は少しばかり住宅の窓のとり方について語ります。
窓には当然東西南北と4方向の窓がありますよね。


当然それぞれに役割特徴があります。
窓をうまく考えながら配置するのと余り考えずに配置するのでは
日照、通気、換気が全然違いランニングコストも違ってきます。


御託はこれぐらいにして・・・・
東の窓の働きは朝日が差し込みますから
紫外線の働きにより殺菌効果で清潔な環境を保ちます。
台所には是非付けたいものです。


西の窓は夏は夕日を受け入れ高温多湿の不快感につながり、冬は寒い西風を受け、日暮れと共に部屋を冷やす脅威の存在です。

窓の大きさや配置には十分注意が必要です。
南の窓は夏には影と涼を入れ、冬は暖かい日差しを部屋に取り込む大切な窓です。


北窓は一年中を通してやわらかい光を取り入れてくれますし、南の窓から送られてきた夏の大気を吐き出してくれ、温度と湿度を調整してくれます。
自然の恵みを取り入れるのに窓の役割は非常に大きいのです。
ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ