佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 注文住宅 広島 「向原の家上棟に向けての準備万端」

社長ブログ

注文住宅 広島 「向原の家上棟に向けての準備万端」
投稿日:2017年06月9日

佐々木順建設の2代目社長の佐々木徹です。

安芸高田市の向原の家の土台敷きを6月6日に行いました。
大工さんが基礎の立ち上がりと土台に芯墨を打ちます。
アンカーボルトの穴を土台にドリルで穴をあけて合わせながら
土台を設置していきます。

120角の桧の芯持ち材を土台に使用しています。

6月8日に外部足場のを組みました。

最近では上棟の前に先行足場を組むのが一般的になりました。

上棟時の落下事故防止の為です。

床の断熱材をいれています。

今回も断熱材はミラフォームの3種の50ミリを使用しています。

今回の床は根太組工法です。

いつもは30ミリの杉床を使う場合は根太レス工法にしますが、

今回は構造用合板15ミリ捨て貼りの上に信州の15ミリのカラマツを使用します。

6月10日の上棟に向けて準備が出来ています。

天気の方も晴天の予報でほっとしています。

「広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことがわかる住まい塾 詳しくはコチラ
広島に家を建てる7つの秘訣がわかる小冊子など 資料請求はコチラ
「こんな家があるなんて!」基礎工事から完成まで様々なイベントがあります。詳しくはコチラ

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ