佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 広島 注文住 「築35年の親戚の家の現調に行きました。」

社長ブログ

広島 注文住 「築35年の親戚の家の現調に行きました。」
投稿日:2017年05月31日

佐々木順建設の2代目社長の佐々木徹です。

5月30日に江波の親戚に家の現場調査に新入社員の
立花君を連れて行きました。

外部のリフォーム工事を依頼されました。

この住宅は中堅ゼネコンで現場監督の修業を関西方面を経て
親父の会社に帰り、2年目くらいにさせて頂いた住宅です。

外壁はナショナルのサイデング の鎧張りです。

屋根は図面ではコロニアルになっていますが、
実際は洋風の瓦を葺いています。

私が壁はサイデイング、屋根はコロニアルにしていたようですが・・・

親父が「瓦にしてくれと言うとるんだから瓦にしてやれ!」とのひと言で

洋瓦に変更になったと従姉に聞きました。

瓦にしていて良かったですびくともしていません・・・

外装の業者さんと待ち合わせをしていました。

テントを外したくないと従姉が言うので、
テントの下地に足場板を敷き、テント上の壁が塗装出来ないか
などの確認しました。

新入社員の立花君には、写真を撮って貰ったり、工事内容の説明や注意事項などの説明しました。

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ