佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 広島 注文住宅  「損害保険募集人更新試験」

社長ブログ

広島 注文住宅  「損害保険募集人更新試験」
投稿日:2017年05月25日

佐々木順建設の2代目社長の佐々木徹です。
5月24日に損害保険募集人の更新の試験がありました。

本当は5月17日に予定でしたが義父の通夜があり延期になりました。

5年毎の更新試験です。

会場は的場の赤心ビルに3階でした。

試験開始時間は15時でした。

20分前に会場に着きました。

女性の受付の方に注意事項 の用紙を渡されました。

それによると、所持品はすべてロッカーに入れる事とあります。

時計も所持して入らないこととあります。

私は老眼鏡をしていますが、
ケースも持って入らないように注意されました。

ポケットのハンカチ、ちり紙も出して下さい?

色んな資格の更新試験受けますがこんなのは初めてです・・・

と言っても5年前には受けているのですがとっくに忘れています。

試験は全てパソコンでしました。

基礎単位の問題が50問で40分、火災保険の問題が20問で40分です。

40分40分で合計80分が試験時間です。

基礎単位試験は常識問題でわざわざテキスト見なくても出来ます。

10分足らずで出来ました。

終了ボタンを押して悠々?と試験場の教室出て受付に
「終了しました」告げました。

受付の人は怪訝そうな顔つきで「本当に終了ボタン押されましたか?

終了になっていません?」

試験場について来られて確認しました。

画面を見ると次の問題へと出ています。

「まだ他の試験があるのでは・・・・」

そうなんです。

火災保険保険の試験を続けてやるシステムなのです。

私は勝手に一般試験で30分余っているから
両方で70分あると思いこみました。

火災保険のテキストをPCで見て確認しながら問題をやって行きました。

そうしてるとコンピュータの画面に残り時間があと10分です、と出ました。

ありゃあ~火災保険試験の時間は40分なのか、少し慌てましたが3分前には終了しました。

67歳の私は業務上パソコンを普段から触っているから良いですが

そうで無ければこのような試験方式は戸惑いますねえ!

「広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことがわかる住まい塾 詳しくはコチラ
広島に家を建てる7つの秘訣がわかる小冊子など 資料請求はコチラ
「こんな家があるなんて!」基礎工事から完成まで様々なイベントがあります。詳しくはコチラ

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ